News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(令和3年度) / 心の掃除から「魂の掃除」
熱血校長の希望日記

心の掃除から「魂の掃除」

2022.02.22

2022年2月22日の朝です。夏目漱石の吾輩は猫であるを思います。今、校長室掃除担当生徒は、スポーツ科学コース1年男子3人です。3人とも野球部員で寮生です。まじめで文武両道を追い求めている生徒です。黙々と掃除をします。私はこの生徒たちと週一回「心の掃除」より一段上の「魂の掃除」をします。私がやって見せて、「魂の掃除に掛かれ!」の合図で、「おお!」と言って取り掛かります。魂の掃除の極意は、「一心不乱」と「「ひたすら」です。一心不乱とひたすらは、時を忘れることです。美しくするために5分間でいい。5分間時を忘れよ。と言います。まだ「無の心になる」には早いです。掃除が終わった後。私が「敵は誰だ!」と問います。生徒は「自分です」と答えます。

頂上へGO!