News List 校長日記
熱血校長の希望日記

心のコップ

2019.11.15

東の山の稜線がオレンジ色に染まっていく朝が来ています。急降下の気温2℃は相対性理論?で寒く感じます。実は温かいのかもしれません。人間は比較で生きています。「心のコップ」は学習回路が開いている状態です。心のコップが真上を向いている状態。学ぼうとしている状態を、東京大学の安富歩教授は「仁」であり、仁たり得るものを「君子」と呼ぶ。と言います。昨日、松本先生が3名の生徒に面接指導をしておられる場に同席しました。「キャッシュレス買い物のメリット・デメリットについて、年齢差のある人とのコミュニケーションの仕方、低年齢者の犯罪について、バーチャルゲームの危険性有無について・・・」考えを問う質問を次つぎに投げかけられます。3名の生徒は、自分の考えをはっきりと答えていました。私は、学ぶことは、借りものをすることと考えます。それを自分のものにすることが習うことと考えます。そのことが根を張ることであり。その結果が「自分をつくること」なのです。

頂上へGO!