熱血校長のご挨拶
HOME / ご挨拶 / 校長のご挨拶(平成30年度) / 平成30年度卒業式式辞
熱血校長のご挨拶

平成30年度卒業式式辞

2019.03.07

「式辞」

穏やかな春のこの良き日に、かくも錚錚たる御来賓の皆様の御臨席を賜り、また、保護者の皆様の御参列の中、平成三十年度城北高等学校卒業証書授与式を執り行いますことは本校にとりましてこの上ない喜びであります。御来賓の皆様に心から感謝申し上げます。また保護者の皆様には、子供様のご卒業、誠におめでとうございます。

卒業生の皆さん、卒業おめでとう。あなたたちは、城北高校の百年への第一歩の最上級生として、認め合い励まし合う、明るく、温かい校風を立派に創りあげてくれました。この誇りに思う、あなたたちに、「はなむけの言葉」を贈ります。社会に出て大切なことは、相手より先にする笑顔の誠実なあいさつです。どんな時も、どんな人にも、それが出来ればあなたは間違いなく人間的に伸びていきます。自分のことより先ず人のことを思えの精神を実行することです。そして、夢と希望と志を持って、人生の坂を上っていってください。  夢を持ってください。夢は誰でも持てます。大きな夢、小さな夢関係ない「私には夢がある。こんな夢がある」と人に語って欲しいのです。夢を人に語り努力することで夢は現実になります。希望を持ってください。希望を持つとは、前向きです。前向きに変わる。変われる信念を持つことです。坂の上を仰ぐように前向きに必ず良く変われると思い抜いて生きることです。志を持ってください。志を持つとは、覚悟です。世のため、人のために生きる覚悟です。論語の仁と徳の生き方をする覚悟です。夢を希望を志を持つためにたくさんの本に触れてください。読書こそが、夢の抱き方を、希望の抱き方を、志の抱き方をあなたに教えてくれます。そして、読書した本を人に語ってください。社会を生き抜くための読解力・想像力・表現力が「自分のもの」になります。それがAIにない人間の力なのです。特に専攻科卒業生の皆さんは患者様に信頼される言葉の力と空気を持てるようになります。そしてエス・ディー・ジーズ、持続可能な開発目標を実行して下さい。美しい地球を守ることが私たち人間の使命です。仕事を通し、家庭を通し宇宙の中の地球の上に立っていることを意識して、1%でいい。この美しい地球を守るための生き方をしてください。

結びにご来賓の皆様にはこれからも城北高校の教育にご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申しあげます。また保護者の皆様には、これからも、ご支援頂きますようお願い申し上げます。

「この坂を上れば希望がある」卒業生の前途を祝し式辞とします。

 

平成三十一年三月一日

学校法人松浦学園

城北高等学校長 竹原英治

頂上へGO!