News List 校長日記
熱血校長の希望日記

平和への意志

2019.10.23

晴れの日も雨の日も曇りの日もあります。令和天皇が即位され、日本は新しい時代が始まりました。何千年前に地球に国ができて、国が助け合ったり、争い合ったりしてきました。人間は絶対に世界平和を勝ち取らねばなりません。そのために教育はあるのです。日本人は叡智を振り絞り世界平和のリーダーにならなければなりません。人間の不可解さを解明して、その不可解さを相互理解に生かさねばなりません。まずは目の前です。目の前の子どもたちに、みんなの「大切」を守ることを教えるのです。国や文化や歴史、違いはたくさんあるが、大切なもの、大切な人を思う気持ちは同じであることを。「ありがとう」や「ごめんね」の言葉で認め合い許し合うこと、寄り添い、助け合うこと、相手を知り、違いを理解しようと努力することを。そして、自分の周りを平和にすることを「意志」を持って学ぶ子どもたちを育てることです。

頂上へGO!