News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成28年度前期) / 平井先生に金メダルを掛けてやりたかった。
熱血校長の希望日記

平井先生に金メダルを掛けてやりたかった。

2016.08.08

夏休み生徒たちはみんな元気でいるだろうか?何をしているだろうか?本を読んでいるだろうか?コンビニのレジの前で「お先にどうぞ」と声を掛けているだろうか?人生で生き抜く何かを掴んでいるだろうか?リオデジャネイロオリンピックが開幕しました。オリンピックには人生を生き抜く多くの示唆が詰まっています。日本人選手団すでに活躍しています。女子重量挙げで銅メダルに輝いた三宅宏実選手のお父さんでコーチの義行さんは、絶望的状況からメダルを取った娘に、「娘は誰より誰よりも練習しました。だからあの時バーベルが挙がったんです」と涙で頷きながら話しました。競泳男子400メートル個人メドレーで見事金メダルに輝いた萩野公介選手はレース後のインタビューで「ここまでたくさん怒られたコーチの平井伯昌先生に絶対に金メダルを掛けてやりたかったです。」語りました。人は自分のためでなく魂から人のためにと力を出す時には120パーセントの力が出るのです。

頂上へGO!