News List 校長日記
熱血校長の希望日記

居場所がある

2018.09.06

城北(うち)の生徒一人一人の存在には意味があります。運命のような何かの縁があり、城北(ここ)にいるのです。だから、一人一人の生徒の心と向き合い、その子の人生の基盤をつくる城北(ここ)は、その子の居場所でなければなりません。生徒と先生との居場所が人生をつくるのです。昨日も朝登校する生徒の姿を見てみんな居場所になっているだろかと思って見ていました。授業の様子を見て回りましたが受ける姿に居場所で受けていました。始業の前、休み時間、掃除の時間、放課後と生徒たちは輝いています。立ち止まり笑顔のあいさつ、はっきりとした言葉遣い、一生懸命な行動、真面目な立振る舞い。進路を決めました。人前で話すのが苦手だからプレゼンに挑戦します。生徒会活動をやります。部活動でやる気が出てます。ビブリオバトルに挑戦します。英語の暗証大会に挑戦します。中学校の後輩に話に行きます。友だちが出来ました。しかしまだ居場所を見つけてない生徒もいるはずです。その生徒に居場所を見つけてやるのが城北の教育です。全ての生徒の居場所がある学校が城北高校です。

頂上へGO!