News List 校長日記
熱血校長の希望日記

学校のあたりまえ

2018.09.12

学校にはその学校のあたりまえがあります。本校1年生は、今日から国立阿蘇青少年交流の家で2泊3日の宿泊研修を行います。一学期と夏休みを終え、入学した原点に戻り、先輩の良き伝統を守りながら新しい自分たちの坂の上の希望をつくる研修です。今年の1年生も素晴らしい学年風を作り出しています。創立50周年から新しい歴史を拓く51期生は、新制服を颯爽と纏い校史に誇りある文字を加えようとしています。今日、役割を与えられた校長講話は「君たちは城北高校をどのようにつくるか~学校のあたりまえを~」のテーマで話をします。人生は「自分をつくる」ことです。自分をつくるため、あらゆるものから自分がつくられます。学校が自分をつくります。学校の校風が、「学校のあたりえ」がその学校の生徒をつくるのです。その「学校のあたりまえ」は、そこに在学する生徒と教師でつくります。世の中には志の高いあたりまえを持つ学校と志低いことがあたりまえの学校があるのです。

頂上へGO!