News List 校長日記
熱血校長の希望日記

奇跡の出会い

2017.07.07

 7月7日今日は七夕です。宇宙銀河の星の天の川を挟んだ織姫と彦星が1年に一度逢う日です。昔から人間は星空を見上げてロマンの物語を創りだしていました。私たちは、人との出会いで人生を生きていきます。人との出会いを大切に誠実にする人は人生を豊かにしていきます。「人は孤ならず、必ず隣り有り」です。教育哲学者の森信三先生は「人間は、一生のうちに逢うべき人には必ず逢える。しかも一瞬早すぎず一瞬遅すぎない時に」と言っておられます。この言葉の意味は、自分にとって人との出会いは、運命であり奇跡であるという意味です。奇跡の出会いを自分の人生で大切にする生き方こそ人間にとってとても価値あることです。出会った人は自分にとって全て師です。全て宝物です。昨日は地元の米野岳中学校の高校説明会に行きました。この春卒業して本校に入学した、普通科のKさんと調理科のM君と看護科のTさん3人を連れていきました。後輩たちの前で堂々と城北高校での高校生活をしっかり後輩に伝えましあT。城北高校生としての誇りに満ち溢れていました。その姿に涙が出ました。

頂上へGO!