News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成29年度前期) / 一番大切なことさえ忘れなければ
熱血校長の希望日記

一番大切なことさえ忘れなければ

2018.02.20

美しい美しい朝焼けです。梅の蕾が大きく膨らんでいます。ノーサイドの歌を作った松任谷由実さんが記念アルバムを出すに当たってこう言っています。「遠い国から毎日聞こえてくる、憎しみの連鎖。隣の街から毎日のように聞こえる、愛なき事件。昨日まで確かなものだったものが、今日は確かじゃなくなって。近い将来人間はAIの奴隷になるという人もいて。なんだか生きにくい世の中ですね。人は希望がないと生きる力が衰えていきます。みるみるうちに。だからこんなアルバムを届けます。この先がどんな世の中になろうとも、人は生きていけると思うのです。いちばん大切なことさえ忘れなければ。 『純粋さを捨てないこと』『”私”で生きていくこと。』『旅をやめないこと』思い出の曲は未来に目を瞑ることでなく、明日を生きるためにあるのです。」と。あなたにとって大切なことは何ですか?

頂上へGO!