News List 校長日記
熱血校長の希望日記

場の気

2019.07.01

4月1日新年度から3ヵ月が経ち今日から7月です。生徒たちは城北高校という学びあう「場」で成長し合っています。生徒は4日からの学期末考査に向け一点でも一問でもの合言葉で集中します。「集中」する重要さを学びます。トルストイの「イワンの馬鹿」を読み返しては人間の欲・無欲について考えます。そして「ツイート」のコミュニケーションで衝撃の面談が実現する現実を考えます。人間は「考える」を無限の方向に方法で持っています。「考える」を学ぶことを教えるのが学校という「場」です。場はそこにある「気」によって君子になるか小人になるかが分かれます。城北の今日の論語です。「子曰く、君子は上達す。小人は下達す。」君子関係は互いに切磋琢磨し認め合い励まし合ってみんなで上え上えと上昇します。小人関係は互いに足を引っ張り合って下へ下へとどんどん底へ沈みます。

頂上へGO!