News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成26年度) / 城北高校の生徒たちは一人一人かけがえのな…
熱血校長の希望日記

城北高校の生徒たちは一人一人かけがえのな…

2014.07.08

城北高校の生徒たちは一人一人かけがえのない宝である。みんなかわいくてたまらない生徒たちだ。いっぱい愛情を降り注ぐ。私だけでない全職員の思いである。そのかけがえのない生徒への愛情とは何か。それは、この生徒たちが社会に出た時に、社会から職場の周りから認められる人間に可愛がられる人間に一目置かれる人間に育てる愛情です。この若者はしっかり挨拶ができるな。まじめに一生懸命に何事も頑張るな。きちんとした身なりで好感が持てる若者だね。どんなときの謙虚に解らないことは積極的に聞いて仕事をやり遂げるな。陰日向無く黙々と人の分まで仕事をするな。いろいろな所によく気がつく若者だな。そんな誰からもこんな人と一緒に仕事がしたい。この若者なら仕事が任せられるきっと伸びていく。と思われる人になってもらいたいと思い愛情を降り注ぎます。だからその愛情は厳しい愛情でもあるのです。よしよしの甘やかしの愛情は「愛情」ではありません!真の愛情とは、生徒の将来のために厳しい愛情の教育です。厳しい楽でない愛情の教育をしない教師は教師ではありません、厳しい楽でない教育をしない学校は学校ではありません。

頂上へGO!