News List 校長日記
熱血校長の希望日記

四月の空

2017.04.25

 四月の空はただただ澄んでいる美しい。真っ青な四月の空と新緑の若葉がとても美しい。月曜日全生徒朝集会で一週間が始まります。昨日の朝集会の黙想朝のあいさつ、腰骨を立て丹田でセロトニン呼吸をし心のコップを真上に向けた素晴らしい集会でした。午後の菊鹿地区体育大会の推戴式の全校生徒の態度も素晴らしく、真面目が当たり前の校風が漂っていました。「50年前、ここに学校が出来た。そして今、私たちはこの学校にいる。その意味は何か!?それは我が母校この学校の50年の建学の精神「人間をつくる」魂の積み重ねを今私たちが集大成として証明することだ。」「只の学校じゃないことを。「人間をつくる」只の学校じゃないを証明する年が50周年の年なのだ。ただの体育大会じゃない。ただのオープンキャンパスじゃない。ただの学園祭じゃない。ただの記念式典じゃない。ことを証明するのだ。その証明が100年の計になるのだ。」と言いたい。昨日、私の知人が学校を訪れら校内を案内した。校内で会う生徒たちの立振る舞いに、あいさつに、笑顔に、溌剌さに「気持ちがいい学校ですね。」と感心して話された。只の学校じゃない誇りを証明をしたい。

頂上へGO!