News List 校長日記
熱血校長の希望日記

呼吸

2022.03.15

一年の中で一番心地よい風が吹いています。冷たくない熱くない爽やかな春風が吹いています。丹田で呼吸をしっかりとします。毎週月曜日の朝は全生徒朝会で深いセロトニン呼吸と呼んで「丹田呼吸」をしていました。謙虚にの「心のコップ」を真上にむけるイメージをしていました。「論語を素読」して仁と徳を再認識していました。そして時に、「この坂を上れば」「希望がある!」希望とは変わること変われることの「希望コール」を全生徒でしていました。そこで城北高校の「空気」をつくっていました。コロナ禍の中今は我慢の時です。「JOHOKU高校」の「J」必ずその日が戻ってきます。今、生徒たちは「今のあたりまえ」で城北高校の思いやりの温かい「空気」をつくっています。

頂上へGO!