News List 校長日記
熱血校長の希望日記

君たちはどう生きるか

2017.11.28

 美しい美しいオレンジ色の朝焼けが希望に見えます。希望とは「変わる。変われる。今日もまた成長できる。」ことであると城北高校は教えています。
80年前に書かれた吉野源三郎氏の歴史的名著と言われる本「君たちはどう生きるか」の中で、悩むコペル君におじさんが「コペル君、君は毎日素晴らしいものを生み出しているんだよ」話します。「そのことをよく考えて これから先君たちはどう生きるか」と問います。毎日素晴らしいものを生み出しているとはと私は考えます。それは、いろいろなことを考えること、悩むこと、感動すること、人のことを心配すること、どうしたらみんなが良くなるかを想うこと、そのようして「成長していること」が素晴らしいものを生み出しているのだよとおじさんは言っているのだと私は考えました。三年生は最後の仕上げをしています。社会人になるための人生の土台の最期の仕上げをするのです。思想、ビジョン、志、戦略、戦術、技術、人間力の7つの知性を磨きTPO時と場所と機会を熟知せねば社会では通用しません。人様が話をしている時真剣に聞く態度がなければ社会では通用しません。

頂上へGO!