News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成26年度) / 印象派画家モネの住んでいたジヴェルニーに…
熱血校長の希望日記

印象派画家モネの住んでいたジヴェルニーに…

2014.08.22

印象派画家モネの住んでいたジヴェルニーに行ってみたい。彼の睡蓮の絵を見えいると強く思う。今期発行のプレジデントのテーマは「自分を変える勉強法」でその中の幻冬舎社長の見城氏の言葉が印象的だ。「知識を増やすだけの勉強には意味がない。血肉化されて初めて役に立つ」「最も難しい道を選んで圧倒的な努力をする。リスクあるものをやらない限りは、成功は手に入らないからだ」「圧倒的努力というのは、人が寝ているときに寝ないことなのである。人が休んで寛いでいるときに、自分は仕事や勉強に取り組む。さらに言えば、人が諦めてしまうものを諦めないということだ。それをやるかやらないか。・・・」覚悟の魂の言葉である。強く共感する。城北高校の教育に血肉化した理論と精神を持って圧倒的努力をしなければと覚悟する。

頂上へGO!