News List 校長日記
熱血校長の希望日記

冬至

2016.12.21

今日は暦のうえで冬至です。一年で昼が一番短い日であり夜が一番長い日です。大昔は太陽が再生する日だと言われていました。陽はまた昇る日です。!霧が深い朝は「一燈を頼んで生きる」を思います。私の一燈は「一生懸命」です。高校時代の親友田代君が東京から会いに来てくれました。まさに「朋有遠方より来たる、亦楽しからずや。」でした。高校時代互いの家に泊まりあって夜明けまでこれから先のいろいろなことを語り明かした青春の友です。田代君との友情で希望を見つめられました。東京での教職を終えての帰郷ですが、自分の教育論と重ねて城北高校には初めて来たけど素晴らしい学校で素晴らしい教育があると言ってくれました。生徒一人一人が自分の居場所がここにあると思っている学校、生徒に居場所をつくってやっている学校のだと感じると言いました。冬至と言ったら「かぼちゃですね」という人がいます。日本人の風情を感じます。

頂上へGO!