News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成29年度前期) / 光が見えるだろう!そこに行け!
熱血校長の希望日記

光が見えるだろう!そこに行け!

2017.12.13

星空に三日月が輝き朝焼けが色着いてくる最高の朝です、2年生は修学旅行で成長して帰ってきました。成長はみんなに約束されています。その約束を自分で掴み取ることです。1ミリの成長と奇跡の成長の差がその人によってあるからです。それは「あたりまえ」です。その人の「あたりまえ」の差が成長の差です。自分の「あたりまえ」を成長させることです。知性を磨くことです。看護専攻科の2年生国家試験に向けて絶対合格の鉢巻を締めて頑張っています。先生方も精一杯サポートしてます。3年生の受験生も今自分の心と闘いながら希望の光にむっかっています。「あきらめるな!隙間から光が入ってくるのが見えるだろう。そこに向かって、はって行きなさい」サーロー節子さんのノーベル平和賞授与式でのスピーチの一部です。この言葉の意味を内容を知ればどんな逆境も乗り越えられると思います。

頂上へGO!