News List 校長日記
熱血校長の希望日記

何のために勉強する

2018.10.05

一日一日黄金色に色づいていく稲穂の中を来ます。2000年前の日本の国の栄える糧が米なのです。米を育て米を食べる日本人の考え方が持続可能な地球をリーダーとして引っ張らねばと思います。「プラスティックをきちんと処理しよう」と言った本校の1年生のように。今日から中間考査です。何のために勉強するのか?「人に何かを与えられるために勉強する必要がある」と教えます。世の中のためになるアイデアを生むためには勉強に勉強を重ねることとノーベル賞の発表の度に思います。それが世界平和に繋がることも願います。城北高校の生徒たちも無限の可能性を持っています。自ら学ぶ力を。自ら考える力を。自ら語る力を。私たちの愛と指導力と感性でその種火を熾してやらねばなりません。建学の精神「人間をつくる」で。

頂上へGO!