News List 校長日記
熱血校長の希望日記

伊藤有希選手

2018.02.13

東の空の三日月が美しく輝いています。春がそこまで来ています。春は曙がいいのです。平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックノルディックスキージャンプ女子で高梨沙羅選手が銅メダルを取りました。長い長いプレッシャーとの闘いに高梨選手は克ち抜いて自分の力を出し切りました。前回のオリンピックから4年間の悩みの中に、苦しみの中に、焦りの中の、チームメイトで年長の伊藤有希選手がいつも前向きな言葉で励ましていました。自分もきつく苦しいのに年下の高梨選手を明るく励ましていました。このオリンピックで自分は9位でしたが、高梨選手の銅メダルを心から喜んでいました。そのシーンに涙が出ました。こんな選手が人間がいるからスポーツは素晴らしいのです。人間として誇りを感じます。伊藤選手に、そんな人に1ミリでも近づきたいです。

頂上へGO!