News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成30年度前期) / 仮説:「感性の度合が=思いやりの度合」
熱血校長の希望日記

仮説:「感性の度合が=思いやりの度合」

2018.10.12

昨日の夕焼け空。空いっぱいオレンジ色に輝く空を見ると太陽は沈まない常に昇っていると思いました。今朝、寒さを感じ、冬が来る喜びを感じます。その前の美しい紅葉も楽しみです。「ありがとう。感謝します。」と空に向かって言います。私たち人類ホモサピエンスは、「思いやりの想像力」でここまで来ました。思いやりが知恵を生み出したのだと私は強く思います。人間の思いやりが文明・文化を創り出したのです。私はずっと、思いやりの度合は「感性」の度合いであると仮説を立ててます。それを証明するのが教育なのです。それが必ず世界の平和を実現する教育であると思うのです。「お先にどうぞ」「大丈夫ね」「何か手伝おうか」この魂を持って、人のためになるための勉強をする子どもたちを、最高最大の思いやり集団の大人が育てなければならないと思います。

頂上へGO!