News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成28年度前期) / 他人が喜んでくれることを
熱血校長の希望日記

他人が喜んでくれることを

2016.08.09

朝空の雲に太陽の光が反射して美しい美しい薄紫色の雲が輝いていました。純粋に純粋に何て美しい宇宙だと思う。地球の裏側ではオリンピックがあっている。地球に住む世界の人類のスポーツの祭典があっている。世界平和の可能性をこのオリンピックに賭けたい。国を超えた感動のドラマが地球を包んでいる。アメリカではイチロー選手がアメリカ大リーグで3000本の安打の大記録を達成した。そのイチロー選手は「3千という数字より、僕が何かをすることで他人が喜んでくれることが大事だと再認識した」といつもクールな彼が感激して話しをしている。その訳は、イチロー選手の大記録達成の瞬間、試合を中断してチームメイトだけでなく相手チームのファンも総立ちになり、球場全体が偉業を祝福したことに彼自身が感動したからである。人間として純粋な心を磨きたい。広島と長崎に原子爆弾が投下された戦争という人間が人間を殺し合うことを深く考えたい。人間には世界平和の希望がある。人間は世界平和の可能性を引き出す教育という希望がある。強く信じて目の前の子どもの人間をつくる。昨日も城北高校には生徒たちのたくさんの笑顔がいっぱい溢れていた。生徒たちのたくさんの一生懸命がいっぱい溢れていた。私もほんのひとかけらでも自分がすることで他人が喜んでくれることをしたい。

頂上へGO!