News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成26年度) / 今年も梅雨にはいりました。季節はめぐって…
熱血校長の希望日記

今年も梅雨にはいりました。季節はめぐって…

2014.06.04

今年も梅雨にはいりました。季節はめぐっていきます。あの寒い冬の日から桜の春、そして入梅から灼熱の夏、紅葉の秋へと。水害の無いことを祈りますが、梅雨があるから日照りの夏も水をたたえて暮らせるのです。空梅雨の夏は水不足で全ての生き物が枯れてしまいます。自然への畏敬の念を私たちはいつも持っていなければなりません。自然に感謝して自然と一体となった人間としての地球感を持っていなければなりません。この山鹿の自然はとても素晴らしい自然があります。昨日テレビでギリシアクレタ島の島民の方が、ここ地球で一番美しい場所で生きれることは幸せだと言っていました。私はここ山鹿が世界中で一番素晴らしい場所と思って生きています。凄い学校です。!昨夜からの強い雨風で希望の坂一面に、希望の中庭一面に散乱したものすごい木の枝葉をものの30分で何もなかったように美しく掃除をする寮生とハンドボール部の生徒たち。スクールバスで登校する生徒は何もなかった美しい学校と思って校舎に入るでしょう。人に見られないで掃除をする人間、人生を生徒に教える。

頂上へGO!