News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成28年度前期) / 常に穏やかな心でいたい。
熱血校長の希望日記

常に穏やかな心でいたい。

2016.09.29

常に穏やかな心でいたい。出来ないがそう強く思う。仁欲すれば遠からんやと。秋雨前線が動きません体育大会を前に。私たち人間は自然の中で生き生活をしているのです。自然と共生し自然を心から受け入れ自然の恵みに感謝して生きていかねばならないのです。「何故城北高校は希望、希望と希望にこだわるのですか?」と先日のオープンキャンパスでのアンケート意見欄にこう書いてありました。私の教育信念は「学校は希望の象徴でなければならない。」です。学校の教育がこれからの地球を、これからの世界を、これかからの社会をよりよくしていく可能性そのものだからです。希望とは今よりより良いほうに変わること変えることです。地球を、世界を、社会をよりよくしていくために教育はあるのです。地球を、世界を、社会をよりよくしていくために学ぶ子供たちを育てるのが学校なのです。一時間一時間の授業の中に先生のその希望の思いがなければなりません。穏やかな心でそう思う人間を育てたい。

頂上へGO!