News List 校長日記
熱血校長の希望日記

人生岐路のハチマキ

2020.07.10

今、世界のどこかに朝が来て、どこかに昼が来て、どこかに夜が来ています。世界中必ず夜明けはくるのです。ここは、7月10日の朝。昨日、本校伝統の3年進路実現激励会があり、恒例の「坂の上の希望の字が書かれたハチマキ」が3年生全員に渡されました。人生の岐路とは常に瞬時にあります。本の一行を読んで、人からの一言で、ある現象に遭遇して、「その時、私の人生が変わった」よくある話です。しかし高校3年生は人生の大きな岐路です。この岐路に人生の道標・澪標となる高校独自の伝統は必要です。どの高校にもないハチマキであり伝統行事です。9回目の伝統先輩たちがこのハチマキを心に締めて進路を実現したのです。坂の上の希望とは、人生のことである。自分の人格品性をを高めることで人の役に立てる人から必要とされる人間になる。その意味のハチマキに、高校時代の自分の物語を浸み込ませて、一生このハチマキを持って、自分の子どもに自分の孫にそのハチマキの物語を語れと話しました。生徒代表は「団体戦です」と応じました。

頂上へGO!