News List 校長日記
熱血校長の希望日記

人生の土台

2017.07.18

 高校時代は人生の土台をつくる時です。高校時代のいろいろな経験が人生の土台になることは、私の経験からもそう言えます。青春の苦悩があり、感動があり、喜びや挫折やがあり、一時間一時間の授業での解ること解らないこと、先生との会話や友だちとの会話の日々の高校生活。今振り返っても先生からの一言、友だちからの一言、喜んだこと、苦しんだことが私の人生の土台になっています。人生の土台とは、人間としての総合的な力をつけることですが、自分が大人としてどう生きていくかの生き方のイメージ、社会の一員のイメージ、目指す大人像、社会の一員として頑張ることの素晴らしさ意識できるかできないかです。そんなことを当時の先生からエールとして話してもらったことが私の人生の一番の土台になっています。私たちの時代と今の時代は社会が変化しています。しかし私たちは、教育のプロとして、生徒の人生の土台つくりにエールを贈ってやらねばなりません。プロとして的確に。

頂上へGO!