News List 校長日記
熱血校長の希望日記

五常の徳

2018.08.29

論語の城北高校は「五常の徳」を積むことを教えます。仁:義:礼:智:信です。「仁:施しの心、優しさ自分を愛し、周りの人を愛し、人の立場に立って、物事を考える心を持つ。」「義:人助けの心。勇気を持って正しい道を貫くことが、人を愛し思いやる生き方に繋がる。」「礼:礼節の心。親や目上の人に礼儀を尽くし、相手には敬意をもって接すること。自分を律し、節度ある行動をとる。」「智:善悪を真に理解できる知恵。人や物事の善悪を正しく判断する。様々な経験を積み偏りの無い考え方を持つ」。「信:嘘をつかない心と言葉、行いが一致し、嘘がないことで得られるものが信頼である。人に信頼されなければ社会で生きていけない。信頼は、全ての徳を支えるほど大切である。」五常の徳を建学の精神「人間をつくる」と校訓「誠実・明朗・忍耐」の意味をしっかり理解して、聖人君子を目指すのでなく、1%づつでいいからこの五常の徳の意味を知り1%づつでいいから実行していく人間になってもらいたい。これが世界のSDGsに繋がるのです。

頂上へGO!