News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成26年度) / 乾燥していた空気に春の雨が加湿してくれて…
熱血校長の希望日記

乾燥していた空気に春の雨が加湿してくれて…

2015.02.16

乾燥していた空気に春の雨が加湿してくれています。なんだか呼吸が嬉しくなる朝です。子どもたちの可能性は無限である。期待と本人の気持ちが合致したときに子どもは凄い力を発揮することを目の前で体験してと鳥肌が立ちました。日曜日の昨日八千代座で開催された税務署主催の税を考えるのイベントは落語・大マジックショー・肥後にわかありで、ぎっしり満席約600人の市民の方々で埋まっていました。その中で、中学生の部・高校生の部税を考える作文の応募の中から最優秀賞に輝いた中学生代表と高校生代表の発表がありました。中学生の作文の素晴らしい内容で堂々と読み上げました。その後本校看護科2年生のYさんの発表、Yさんの手にはなにもありませんでした。原稿用紙3枚ほどの内容の濃い文を自分お言葉で原稿を見ることなく発表と言うより話しをしたのです。凄いと隣にいた市長、税務署長はじめ参加者の方々が驚きの声をあげました。私たちでも出来ることでないと思いました。子どもの持つ可能性は無限にあるのです。

頂上へGO!