News List 校長日記
熱血校長の希望日記

上機嫌の種子を蒔く

2018.11.28

「しあわせは いつも じぶんの こころが きめる」相田みつをさんや渡辺和子さんが言われます。その言葉を自分の心にかざしてみます。久しぶりにアランの幸福論を読みました。アランも同じ考えです。幸福になるためには自分の心が笑顔になる行動をとることと言っています。幸福になると感じるためのたくさんの言葉の中に、上機嫌の種をまく。上機嫌の行動。と「上機嫌」という言葉がたくさん出てきます。つくり笑顔しても上機嫌をつくる。いつも上機嫌でいることはなかなかできないことです。しかし人への最高のマナー最上のエチケットは笑顔です。上機嫌の種子を蒔くことは、心のコントロールの訓練だと楽しんでいろいろ試してみようと思います。周りにたくさんたくさんあります。心の強さのバロメーターかもしれません。しかし難しいいです。しかし挑戦です。

 

頂上へGO!