News List 校長日記
熱血校長の希望日記

万物の生命の

2022.09.05

満開に咲き誇った桜花をキラキラと緑色に輝き繁り支えたあの葉をも今枯れ果てて散っています。田園の路傍にはもう彼岸花が咲きだしています。万物の生命の摂理です。ドストエフスキーの小説「カラマーゾフの兄弟」の中でゾジマ長老がアリョーシャに言います。「一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それはただの一粒のままである。しかし、もし死んだなら、豊かに実を結ぶようになる。(ヨハネによる福音書12・24)これをよくおぼえておくとよい。」と。万物の生命の摂理です。稲盛和夫が亡くなりこれから稲盛さんの哲学が豊かに実を結ぶと信じます。稲盛和夫さんの哲学「人生の目的は人間をつくることだ」と城北高校の建学の精神は一致するのです。1・2年生4名の水泳部か新人戦で大活躍しました。4×100mリレー大会新記録での優勝を始め個人合わせて10個の優勝金メダルを取りました!新聞にも写真掲載で活躍が報じられました。。

頂上へGO!