News List 校長日記
熱血校長の希望日記

七夕飾りと国際社会

2018.06.29

昨日夕方からPTA役員の方と先生方で笹がたくさんついた竹を5本切り打しました。そうです七夕飾りの竹です。すでに各教室棟に立てられています。PTA役員の思いに感謝です。本校の七夕飾りは、願いではなく、目標を宣言する「コミットメントシート」を他の人と見せ合って笹竹に結びます。人を認め合う行事でもあります。これからの国際社会、日本人が外国人に伝える文化も世界を探求する力が必要となります。他者の視点に立つ力も必要となります。竹切の準備の時、丁度鹿児島県の高校の先生が来校されました。鹿児島県の教育を垣間見ました。一人の生徒を思い行動を起こす力を。良き出会いが目の前の生徒に大きな影響を及ぼします。日本の文化を大切にしながら国際社会で生き抜く力をこれからどうつけるかが課題です。本校は「アイデアを伝え合う力」をTEDスタイルでチャレンジします。卒業生がサルスベリの花の写真を持ってきてくれました。

頂上へGO!