News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成26年度) / 一年生が一生懸命に城北高校を自分の高校に…
熱血校長の希望日記

一年生が一生懸命に城北高校を自分の高校に…

2014.04.16

一年生が一生懸命に城北高校を自分の高校にしようとしています。立ち止まってのあいさつを一生懸命自分のものにしています。昨日は初めての全校朝会で黙想、腰骨を立てる、セロトニン呼吸、そして朝の論語を体験しました。論語読誦では教務部長の朝永先生から論語教育の目的を話されました。心を磨き育てる「心の学校城北」の目指す人への思いやり人にどう尽くすか施こして生きるかをこの論語を通して三年間学んでいくと話されました。昨日の論語は「丘(孔子の名)は幸いなり、苟も過(あやまち)あれば、人必ずこれを知る(指摘してくれる)」でした。「人に与える人間になれ、与えるために勉強するのだ」を一年生にもしっかり教え、授業を真剣勝負する生徒、学ぶ習慣のある生徒を育てて行きます。

頂上へGO!