News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成27年度前期) / フランスのパリは晴れ、ロシアのモスクワは…
熱血校長の希望日記

フランスのパリは晴れ、ロシアのモスクワは…

2015.09.02

フランスのパリは晴れ、ロシアのモスクワは雨、アメリカハワイのホノルルは雨とテレビで世界の天気予報を報じています。モスクワの雨とホノルルの雨はどんな様子で降ってるのだろうか?その雨の情景がイメージ出来るのは一見するだけでなく本読んでも出来ると思っています。夏休み、みんなはどんな本を読んだでしょうか?一学期の終業式に「本は心の食事です。本を読もう!」と話しました。500年前、千年前の世界にも旅することが出来ます。ロミオにもジュリエットにも会うことが出来ます。本校で講演された翻訳家鴻巣女史の話しを聞いて外国文学を読む時翻訳家の感性や想像力を感じるようになりました。トルストイもドストエフスキーも翻訳でしか読めないからです。北御門二郎氏のトルストイの散歩道シリーズ「人は何によって生きる」「二老人」「イワンの馬鹿」など読み直しましたが、やはり心が洗われます。昨年の夏はドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」を読みましたが難しかった。また読み返します。本は心を豊かにします間違いなく。7つの習慣その二「人間関係は、あなたが何を言うかでなく、あなたがどんな人かで決まる。」

頂上へGO!