News List 校長日記
熱血校長の希望日記

トルストイの民話

2016.09.20

今日城北高校は、臨時休校です。昨日の午後5時時点の台風接近状況で臨時休校を判断しました。判断は生徒の登校時の安全確保です。幸い台風は南にそれました。判断は非常に難しいです。台風接近の情報を聴きながら、トルストイの民話「人はなんで生きるのか」を読みました。トルストイは純粋に人間の生き方を苦悩しながら自分に問い続け模索し見極めて生きています。人間は「愛によって」で生きる。とこの民話では投げかけています。人間は智慧を持つ故に複雑な生き物です。しかし人間は人を思う気持をもって生まれてきているとトルストイは信じています。訳者の北御門二郎さんは、トルストイの考えは論語の仁に繋がっていると述べています。この本を読んで私は、宇宙から来た私たち人間は宇宙が私たちに何を求めているかを考えなければならないと思います。宇宙は人間の純粋なる叡智に大いに期待しています。足元の塵を拾い、世界をより良くするために学ばなければなりません。

頂上へGO!