News List 校長日記
熱血校長の希望日記

セザンヌの木々

2022.05.18

緑が最も美しい季節です。セザンヌは135年前遠いフランスのこの緑を幾枚も絵画にしています。セザンヌの緑は樹木の呼吸を描いています。その絵が今熊本に来ています。描いた人の描く魂が歴史を超えて目の前にあるのです。目の前にあるモノ。それはどうしてどこから来ているのか。目の前のチョコレートはどこで栽培されて誰がカカオを収穫してどのようなルートで価格を決められパッケージされ自分が食べているのか。栽培する人や収穫する人がどんな生活をしているのか。地球のアフリカの地で育っているカカオの実をイメージして考える。「エシカル」という言葉も考える。地球を意識する。世界の人たちを意識する。目の前の塵を拾う。SDGsを意識する生徒を城北高校は育てます。

頂上へGO!