News List 校長日記
熱血校長の希望日記

ゴールデン・サークル

2018.12.13

2年生が修学旅行から元気に帰ってきました。笑顔で「楽しかったです」の第一声に「グッドおかえり」と答えました。調理科の1年生がお節料理の試食の御案内に来ました。入学して間もない頃の面影から成長した姿に、これが学校だと感じます。サイモン・シネックはTEDでゴールデンサークル理論をプレゼンテーションしました。彼は、トークの中で、サークルの中心から「why:なぜ」「How:どうやって」「What:何を」の順で思いを伝えると、共感を生む。「何を」ではなく「なぜ」を示したときに人は動くと語りました。自分のためにでなく、人のためにと動いたとき人は共感するのです。心から無私の!利他奉仕の!夢を呼びかけたときに人はそれを自分の夢として動き出すのです。

頂上へGO!