News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成30年度前期) / グローバル・コンピテンス
熱血校長の希望日記

グローバル・コンピテンス

2018.07.04

台風が去って日差しが射し込んでいます。モスクワはサッカーで熱いですが天気は曇りです。パリもロンドンも曇りです。ニューヨークは晴れています。カイロもヨハネスブルクもシドニーも晴れです。ピッチで全力で戦い試合が終わった後は相手を讃え合い抱き合う「ノーサイド」がスポーツです。学びを通して何ができるようになるか、理解し知識をどう思考判断力に生かし、さらに探求し向上しようとするか、これから求められる教育です。ハーバード大学のマンシーヤ博士は、これから「グローバル・コンピテンス」教育が大切と主張します。「国際社会で生き抜く力」です。言語能力を高めるとともに、この4つの資質を高めることが「グローバル・コンピテンス」を磨くと言います。①世界を探求する力②他者の視点に立つ力③行動を起こす力④アイデアを伝え合う力を育てることがと。

頂上へGO!