News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成29年度前期) / オリンピックの金メダリスト
熱血校長の希望日記

オリンピックの金メダリスト

2017.08.23

 オリンピックの金メダリストにお会いする機会がありました。オリンピック金メダリストそれは並大抵の努力ではなしえない偉業であり、その栄光はいつまでも讃えられることです。その方は青木まゆみさんといいます。今から45年前のミュンヘンオリンピック競泳女子100メートルバタフライで優勝日本人女子個人で二番目の金メダリストになられた地元山鹿市出身の青木まゆみさんです。私が高校生時代に中学生の彼女が高校生と練習するためにプールに来て泳いでいたのをおぼえています。中学生の時にすでに凄い選手と聞いていたからです。その青木まゆみさんは、本校野球部が3年前夏の甲子園に出場した時2試合とも応援に来ていただいたのです。これまで何度かお会いする機会がありましたが、またお会いしてその人間性に頭が下がります。すっと話していて過去の栄光を微塵とも漂わせない人間味。「謙虚」本校の心のコップのお手本になる人と感心します。人は過去に栄光があればあるほどその栄光によって生きる人がほとんどです。青木さんは、そのオリンピックでの優勝金メダル獲得の栄光を青春の1ページだったととらえられその後の人生を誠実に生きてこられました。話していてその人間性に心を打たれます。だからその人の金メダルは永遠に輝くのです。「校長先生にはいつもインターネットでお会いしてますよ。校長日記いつも読んでます。」とおっしゃいました。この人から学び続けなければならない、もっともっと謙虚に学び続けなければならないと昨日思いました。

頂上へGO!