News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(令和2年度) / インプット+感性アウトプット
熱血校長の希望日記

インプット+感性アウトプット

2020.05.13

五月のバラがアヤメとクレマチスと並んで咲いています。もうひと踏ん張りです。人間には強力な抗体免疫力があります。それを信じてもうひと踏ん張りです。必ず坂の上の希望があります。県立美術館本館には、「麗子」が来ています!麗子像(岸田劉生画)がレオナール・フジタやルノアールやゴッホの絵を解りやすく説明してくれます。人は、知識や情報や体感を得ることの「インプット」した分だけが思考や想像や言動の「アウトプット」に繋がるのです。インプットの質量がアウトプットの質量なのです。しかし、インプット=アウトプットではありません。インプットしたものを、その人がどのように自分の心と精神でブレンドするかです。そのブレンドの調合剤が「感性」です。感性は、心の豊かさです。感性の溢れる生徒を育てる学校でありたい。

頂上へGO!