News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(令和元年度) / インプット自分の言葉アウトプット
熱血校長の希望日記

インプット自分の言葉アウトプット

2019.11.27

その樹を見上げると木漏れ陽が赤い薄赤い黄赤い緑赤い紅葉に差し込んでいます。昨日TED×kumamoto松岡代表から一枚の写真がパソコンに送られてきました。本校プレゼンフェスタの時の生徒たちのプレゼンテーションを聞き入る姿の写真です。そこには誰一人下を向いてる人はいない「相手を思いやる心」が溢れていました。今本校では「本を語る学校」を取り組んでいます。明治大学教授の斎藤孝さんは、読む力とは「相手を思いやる力」のこと、読解力を磨くとは、人を思いやる心を育む自己形成の手段でもある、と言っています。また、APU学長の出口治明さんは、人間の脳は構造上、アウトプットしないとインプットもできない、学ぶことのインプットしたことは、自分の言葉に置き換えて(言葉で表現して)はじめて”記憶”として定着するのです。と言います。「ディスカッションする学校」「本を語る学校」これからもっとインプット・アウトプットの本質・内容・社会性・世界観を高めていきます。

頂上へGO!