News List 校長日記
熱血校長の希望日記

どうせなら美しく見たい

2018.08.02

学校に来る途中に、悠久の蓮の花が朝露に凛と静かに咲いています。私はよく「命を輝かせるとは?」と話します。「人生何のために生まれ、何をして幸せなの?」とも話します。アインシュタインもダライラマもアンパンマンもみんなも私も知っている多くの多くの世界の偉人たちもそう言っています。世界でも目の前でも、私を含め私利私欲と思える行動ばかりですが、その行動が結果的には人を喜ばせたり、人を幸せにすることに繋がってていることもあるのです。だったら、どうせなら「人のために」と思ったほうが、澄んだ心で、空を見上げられる。朝焼けが美しいと、夕焼けが美しいと、咲いてる花が美しいと見れる。澄んだ心で、シスレーの雲を、モネの睡蓮を、セザンヌのリンゴを美しいと観れる。と思っています。

頂上へGO!