News List 校長日記
熱血校長の希望日記

しなやかな感性を持って

2016.10.26

「桜咲く しわ一つない セーラー服」本校一年生の女子生徒Hさんの入学式の日を思い出して読んだ俳句です。熊本ライオンズクラブ少年少女俳句会で約900名の中・高校生の作品の中から見事天勝(熊日賞)に輝いた句です。今日から高校生新しい出発の日への感性溢れる思いが五七五に込められています。また熊本公徳会主催の俳句のコンテストでも2年生の女子生徒が見事最優秀賞に輝きました。その句は明日披露します。感性を育てる学校でありたいと思います。感性を育て、一人一人の「違いに気づき 違いを認め合う」人間を育てなければなりません。学園祭のプログラムに「学園祭は一人一人の居場所を確認するためにある。居場所とはみんなが認められていること。そ一人一人を認め合って素晴らしい一つの校風を学園祭で作り出すこと」と書きました。

頂上へGO!