News List 校長日記
熱血校長の希望日記

あたりまえの「空気」

2021.04.12

今日は、新入生の1年生が、初めて2・3年生と対面する日です。学校では対面式を執り行います。幾多の学校には「学校のあたりまえ」があります。天と地と程の差があるこの「学校のあたりまえ」によって、そ学校の生徒たちは無意識に人間をつくっていきます。みんながみんなを思いやり認め合うのががあたりまえ、心からのあいさつを気持ちよくするのがあたりまえ、心を込めて学校を美しく掃除をするのがあたりまえ、授業命として授業に一生懸命向き合うのがあたりまえ、楽ではないが楽しい学校があたりまえ、日曜日の昨日の夕方、市民の方から城北高校生の行動素晴らしさを電話で知らされました。学校の来られるお客様からいつも城北高校生の「あいさつ」や「そうじ」や「ふるまい」について、感心されます「今どきこんな高校生がいるのですね」と褒められます。私は「これは城北高校のあたりまえです」。と答えます。そしてお客様は「何か爽やかな温かい『空気』を感じますね」とおっしゃいます。「そうですこの『空気』が城北のあたりまえですと私は答えます。

頂上へGO!