News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成29年度前期) / 「つくりあげる」とは周りに気づいて自分の役目を果たすこと
熱血校長の希望日記

「つくりあげる」とは周りに気づいて自分の役目を果たすこと

2017.10.23

 「つくりあげる」とは周りに気づいて自分の役目を果たすこと。坂の上の希望の生徒たちは、成長します。成長しています。辛い坂道ほど、厳しいい坂道ほど、人を成長させてくれます。人生の土台を作ってくれます。より良い社会をつくるために学ぶのだと知り、志を持って成長する生徒たちを城北高校は育てています。日曜日に練習しているミュージカルの練習の生徒たちも成長しています。日曜日に一生懸命に学園祭の準備をしている生徒会の役員の生徒も成長しています。女子バレーボール部の春高、あと一歩でベスト4でした!よく成長してくれました。成長している男子バレーボール部は必ず春高バレー勝ち取ってくれるでしょう。成長は約束されています。坂を上っていけば必ず成長します。望むなら「志」をもって成長して欲しい。より良い社会のためになる「志」をもって成長することを教えたい。「つくりあげる」とは周りに気づいて、周りに気遣って、周りと協調して自分の役目を果たすことです。

頂上へGO!