News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成30年度前期) / 「それ、やってみる価値あるね」
熱血校長の希望日記

「それ、やってみる価値あるね」

2018.07.02

透き通った青空にほんのりと色のついた朝雲にありがとうと言います。7月の最初の月曜日の朝です。学校の中庭にサルスベリの花が咲きました。これから街路にも庭先にもサルスベリの花が猛暑の中に黙って力強く夏を咲きます。ありがとうと言います。希望は変われることです。可能性を引き出す勇気です。「無理だろう。できないだろう」でない「やってみよう!出来るよきっと!」が坂の上の希望です。昨日、本校の先生たちは多くの中学生に「城北高校は、変われる、変わる、思いやりの溢れる校風の学校です」と話をしました。生徒の可能性を引き出すためには、「無理だろう。出来ないだろう。」でない「やってみよう!必ずできる!絶対できてみせる!」の教師の愛と指導力と感性です。「それ、やってみる価値あるね!」の響き合う学校。

頂上へGO!